So-net無料ブログ作成

「イエスマン "YES"は人生のパスワード」(2009年作品)感想 [映画]

ジム・キャリー主演のコメディー映画。監督はペイトン・リード。

誰の誘いも面倒臭がって断っていた銀行で融資を担当している男が、自己啓発セミナーですべての物事に「イエス」と答えることを約束させられ、それを頑なに守っていたら楽しい人生が拓けた。

ところが適当にイエスと返答して体験してきたことによってテロリストと間違われて一気に転落。そこから何とか恋人の下へと辿り着くという話。

脚本に起伏があって楽に鑑賞するのに向いている。自己啓発セミナーの場面はコメディーらしく深刻さはまったくない。

ジム・キャリーの演技だけで最後まで見せてしまう映画だった。

実はもっと深刻な話だと思い込んでいたので拍子抜けだった。

ポップコーンを食いながら半笑いで見る類の映画。脚本が上手い。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。