So-net無料ブログ作成
検索選択

とある山中にて [日記]

深夜2時半ごろのこと、隣の布団で爆睡していたはずの彼女さんが突如悲鳴を上げて飛び起きた。

何事かと電気をつけてみたところ、女は発狂状態の体となって暴れ回っている。

慣れない土地にきてついに狂ったかと必死に抑え込もうとするものの、半狂乱の有様で手が付けられない。何やら床を指さしているので視線をやると、そこには15センチオーバーの巨大ムカデがニョロリと蠢いていた。どうやらムカデが彼女の腕の上を這いまわったようだった。

仕方がないのでひょいと摘まんで真っ二つに引き千切り、ごみ箱に捨てた。巨大ムカデはまるっきりゴムみたいな感触だった。

事が終わり、電気を消して寝ようとしたのだが、女はそれどころじゃないらしく、家中の電気をつけて他にムカデがいないか探し回るようオレに指示を出した。確かに名古屋ではお目にかかれないサイズのムカデだったので寝ぼけ眼のまま確認してみると、風呂場に同じくらいのサイズだが種類が違う白っぽいムカデがいた。

こいつも引き千切り、さて寝ようとしても興奮状態の女は収まらず、ムカデの侵入経路を特定してくれと無茶をいう。さすがにそれは明日にしてくれと頼んで、彼女が再び寝付くまで話し相手をさせられたのだった。

本当はムカデどころかヤモリもいる(退治済み)し、ブロック塀のところにはイモリも這い回っている。山中の家などどこも同じようなものだろうに。

引っ越してきて初めて地元のホームセンターに行ったとき、ムカデ駆除の薬品が一つの棚を占拠していて随分変わった土地だなとは思っていたのだ。必要とされるから売っていたのだな。当たり前のことだが。

ムカデやクモが大の苦手の彼女さんだが、ヘビは平気らしく、裏山の敷地内に入っては植生の調査をしている。裏山にはイチジク、栗などの木が植わっているらしい。タケノコは取り放題だ。自然薯の蔓らしきものも見つけたという。イチジクは近々家の周りに植え直す。

竹林の整備だのムカデ駆除だの、やることが多すぎる。

ちょっと疲れたらすぐに寝られるので、会社勤めしていたころよりよほど楽ではあるが。



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。