So-net無料ブログ作成
検索選択

「霊魔の街」第1話~3話 視聴(DVDは11月2日発売。予約受付中) [アニメ/特撮]

YouTubeに置いてあった動画を観てしまう。え?

DHtg6nCU0AAeFmv.jpg


どうしようか迷ったんですよ。違法視聴ってどうなのよ、みたいな。でも「11月2日発売のDVDを買えばいいはずだ」と勝手に納得して半分だけ観てしまうことにした。

宣伝されてるのに観られないって気になるじゃん。3000円ぽっちなんだし、買えばいいのよ。

「霊魔の街」DVD 11月2日発売 予約受付中です。


違法視聴で内容をばらしまくるのは気が引けるので詳しくは書かないが、ヒロインの女の子が正統派の美人で、なんだかすごく新鮮。メインキャラとモブキャラの差が小さい昨今のドラマとは違って、歴然とした差が(なんのとは言わないが)メリハリを生んでていい感じだ。モブキャラの多くはオーディションだったはず。

出だしはホラーっぽいんだけど、封魔士の鬼崎陣(脇崎智史。相変わらずゴツい)が出てきてから特撮テイストが加味される。テレビディレクター野々宮一矢(加藤厚成)の妻を殺す犯人役の女優さんが怖い。夫の野々宮一矢はその顔を見ただけで絶対に最後まで改心しないだろうと確信する奴はウルトラマンの観すぎである。

霊が見えるアイドルである失踪した姉の気配を感じる場面が不気味。3話観ただけでは全然先が読めない。鬼が誰なのかがポイントになるはずだが、加藤厚成くんが出てると彼が鬼にしか見えないという。男前なのになぜこんな役ばかり振られるのか不憫でならない。

とか書いてるとネタバレになっちゃうからこれくらいでやめるが、エフェクト技術の発達が低予算ドラマの質を上げてるってはっきりわかる映像。低予算だからと手を抜いた画面ではない。

感想としては「イケるやん!」だった。霊魔を演じる中の人がもっと動けていたらなぁとか不満もあるが、一流のスーツアクターを使える仮面ライダーと比べてはいけないところなのだろう。

でも雰囲気なんかは、最近の仮面ライダーよりよほど面白い。Jホラーをベースにした特撮って感じ。加藤厚成くんが正体を現してからが本番だな。




あと、地方の風景ってテレビで見ると新鮮。今回はホラーだけど、高校生の恋愛ものなんかも地方都市を舞台に撮影すればいいのに。

福井石川富山新潟で裏日本ドラマシリーズを作ろうぜ。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。