So-net無料ブログ作成
検索選択

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」第21話 感想(掃除の場面) [アニメ/特撮]

ムガロ(エル)がリタの処置もむなしく死んだあと、悲しみに沈むニーナがやけに元気に掃除する描写。あれは母の葬式のときに観た光景で泣けてきたよ。

17.jpg


母の仲の良かった妹さんが、泣きもしないでずっと掃除やら洗濯やら、家の中の細々したことをやってくれていたんだよな。母が病院で使っていたパジャマを畳みながら、ずっと泣いてたわ。

アニメの中の光景と同じ。こういうところは経験のある脚本家じゃないと書けないところだと思う。2期はニーナの心情を描いたアニメとしては確かに凄くよく出来ている。

オレにとっては1期が大きすぎてなかなか視聴態度が修正できなかったが、ここ数週で諦めもついてようやくニーナの心の機敏についていけるようになった。ニーナの心情を丁寧に描いてあることにおいては他を寄せ付けない素晴らしい脚本なんだよな。最初から冒険は意識されていない。

アマゾンプライムで観られるから、最初から見返そうかな。

ムガロの死によって腹腸を煮え立たせたアザゼルがガブリエルのところへ乗り込み、ジャンヌ・ダルクの決起とともに悪魔軍団も戦うべきだと進言した場面もぐっと力の入る良い場面だった。2期は大きなアクションがない分だけ表情の作画に力が入っている。アザゼルさんがなかなか動かないガブリエルに業を煮やすところの表情の変化も良かったね。

最愛の息子を殺されたことで、ジャンヌ・ダルクも天界に戻る決心をすることとなり、そのままシャリオス17世打倒を進言する。ムガロがちゃんと神魔の鍵になってるあたりが素晴らしい。ソフィエルの力を得てジャンヌが神の先兵になるあたりも1期を踏襲してある。1期はジャンヌの闇堕ちがきっかけになって大戦争にもつれ込んだが、2期はこれが逆になっている。

1期の長谷川圭一氏と2期の大石静氏、どちらも自分の持ち味を出した素晴らしい本だね。映像と音楽の良さはいまさら付け加えない。

第21話はリタの見せ場もあったし、満足満足。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。