So-net無料ブログ作成

「侍ジャイアンツ」第26話 視聴(歌ってる人が違う) [アニメ/特撮]

第25話から新OPになってるんだけど、25話のOPがなんかイメージと違うなと思ったら、歌ってる人が違うな。25話は、もしかして子門真人? あの歌い方と声は子門真人だろうなぁ。1話限りだったのか。初めて知った。

photo1.jpg


第26話のコンテは出崎哲。

ある日暴漢に襲われた番場蛮。彼を襲った少年少女は実は先日番場蛮のエビ投げハイジャンプ魔球に腕をへし折られた大砲万作の弟たちだった。

という脚本を出崎哲氏がコンテという形でアニメの設計図にしているのだが、やはり出崎哲氏は緊張と弛緩の演出。番場蛮を襲撃した弟たちの罪を大砲万作が一身に背負い、危うく球界追放処分寸前まで行くものの本人は弟たちを庇って言い訳がましいことは一切言わない。そんな大砲の頑固さで緊張感を盛り上げ、嵐の中での番場と大砲の友情話、死にかける大砲、なかなか来ない医者と繋げて、最後は万事解決と友情の確認で弛緩させて締め括る。

1話の中でちゃんと起承転結があって、グッと感情移入させるんだよね。

こういう基本的な作劇を子供のころに当たり前のようにたくさん観たことが、物語を享受する側の基礎知識として血肉化されている。児童文学から始まり、ジュブナイル、アニメ、小説、ミステリ・SF、と経験を積んでいるから、文学の勉強をしていなくても作劇の基礎が身についている。

ラノベも一応作劇の基礎はあるのだが、人間を描かないからなぁ。人間もテンプレ、構成もテンプレ、設定もテンプレ、とにかく読者に考えさせるな金だけ払わせろだもんな。ホント、いまの出版社の連中って将来どうするつもりなんだろ? 「日本の書物は人間を描きません」って大声で叫んでるようなものなのに。

緊張と弛緩(もしくは緩和)って基礎中の基礎だけど、基礎だから簡単にできるってわけじゃない。出崎哲氏みたいなオーソドックスな演出あっての前衛演出ですわね。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。