So-net無料ブログ作成

「THE ビッグオー」(1999年作品)第1話 感想(まだあるなぁ) [アニメ/特撮]

思い起こせば1985年から2012年くらいまでアニメ、というかテレビ番組をほとんど観ていなかったからなぁ。まだまだ未視聴の面白いアニメってあるんだなと。

img_0.jpg


事前情報なしで観てるんでまだ何とも言えないが、WOWOWで放送された、サンライズのロボットアニメで、作画監督は「神撃のバハムート GENESIS」のさとうけいいちだった。90年代アニメらしい超絶作画がチラホラ垣間見える。

何があったのか知らないが、記憶喪失に見舞われた都市で、ネゴシエーターをやってる男がなぜかバットマンのような大金持ちで、ロボットも所有している。ロボットを維持管理する記憶は失われているのかいないのか、まだ1話観ただけなんでよくわからん。なんか、菊地秀行の「風のアムネジア」みたいだが、記憶喪失になったはずの街の連中は、よくわからん理由で文明を維持していた。車の運転なんかできないだろうに。

主人公ロジャー・スミスがいい感じにカッコいい。アンドロイドの女の子もいい感じ。全体に雰囲気がいい。ロボットの操縦方法が感覚的に再現しやすい。レバーがレールに固定されてるのってなんか斬新だ。でも、感覚的にわかるから不思議。

内容に関しては1話では何とも。でもなかなか面白い作品のようなので、「侍ジャイアンツ」ともどもこの夏に観てしまいたい。

固定ファンがいそうな作品だな。一応書いておくけど、気に入らないことを書かれたからといっていちいち発狂するなよ。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。