So-net無料ブログ作成

「侍ジャイアンツ」第23話 視聴(大砲万作使えず) [アニメ/特撮]

あのバントヒッティングも真似してたわ。中日の外人がウィリアムスになっていたが、巨人がV8だったときは確かマーチンだったはず。

photo1.jpg


と書いても、誰もわからないというね。オレもうろ覚えだし。

これ、脚本というか原作がちょっとおかしくて、眉月光はジャンプして投球するから着地するまでにバントでピッチャーの後ろに転がせばヒットになるという攻略法だったはずなのに、大砲万作、何を考えたのかバントでミートしながら思いっきり打ち返す打法でハイジャンプ魔球を攻略しようとした。

そのためにいつもの特訓を自分に課し(同じ時期にやっていた「ウルトラマンレオ」もそうだが、とにかくこの当時は特訓が好きだった)、ハイジャンプ魔球対策は万全で番場蛮との対決に臨んだ。

ところがだ、大砲万作のバントで当ててから手首を捻ってホームランにする打ち方では、高めや低めのボールに対処できないはずだと巨人のキャッチャー森(のちの西武ライオンズ監督)に見抜かれ、コースを突かれた挙句凡退。中日の与那嶺監督にもう一度チャンスをくれと泣きを入れ、ライトの守備に就いたはいいが鈍足で打球を追えず、2度目の対戦もファールで粘りながら蛮が疲れるのを待つという作戦で挑み、ついにピッチャー強襲のヒットで中日を逆転勝利に導いた。


のだが・・・、話を聞いてみるとこのアニメ、巨人のV9のころという設定になっている。「巨人の星」の前やんな。さすがに最後は中日にしてやられるとわかっていれば、V10が掛かったこの翌年はアニメにし辛かったのだろう。

おかげで、中日の外人が中日優勝時のマーチンから、アニメ放送時のウィリアムスに代わっていたり、若干の混乱が見られる。ウィリアムスといえば、あのランニングホームランだよな。知らんか? そうか、もう誰も覚えていないのか。

もうね、とにかく全体に出てくる名前が古い。巨人のピッチャーは堀内か新浦、広島のピッチャーは安仁屋。阪神のピッチャーは村山か小山。バッターは田淵。中日の先発は星野。1番高木、2番谷木、3番井上、4番はマーチンじゃなくて江藤。巨人の代打は淡口。北別府さえ出てこないという。

こんな感想記事、読んでも誰もわからないと思うんだよね。

いや、最後まで書くけどさ。

これで前半は終了。後半は確かアニソンが変わるはず。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。