So-net無料ブログ作成
検索選択

「将国のアルタイル」第2話 感想(OPはちょっとガッカリめ) [アニメ/特撮]

OPもそうだが、第2話もちょっとガッカリめ。

009.jpg


残念なり。作画などは「アルスラーン戦記」よりいいんだけどね。

帝国との国境の拠点の城塞都市を巡る思惑と攻防に話が移ったのだが、城塞都市を守る守護隊は平和ボケで警戒心がなく、訪れた部族に芸事をタダで見せてやるとそそのかされて家族を人質に取られた。

彼らは流浪の民で、定住する土地を求めていたところ、帝国側の申し出を信じて言われるがままに城塞都市を乗っ取り、内外に向けて独立を宣言、帝国は彼ら流浪の民が主に暮らす土地だったために、彼らの保護を目的に帝国が城塞都市の占有を宣言する。

この流れがどうにも納得できない。まず、都市の住民の方が流浪の民より圧倒的に数が多いはずなのに、守備兵が家族を人質に取られたくらいで簡単に自分たちの生活の場を明け渡さない。すぐに暴動が起こって城内が大混乱になるに決まってる。守備兵の人質など、自分たちがマヌケだったから勝手に取られただけで、住民には関係ないだろ。なんで大人しくしてるんだか。しかも、流浪の民が城塞都市を乗っ取るほど重装備だったなら塀の中に入れていない。何のための壁なんだよって。

そうやって帝国が奸計を用いてひとつの城塞都市を乗っ取っているのに、主人公たちが簡単に中に入れたのもおかしな話だ。騙し取っているのだから、味方が入城してくるまで城門は厳重に管理されていないとおかしい。

そもそも、たかが10年前に自国領土内を蹂躙された経験がありながら、国境を接する重要拠点が平和ボケというのもおかしい。重要拠点ならば、大軍勢や有力武将なりが配属されているはずだ。そんな場所を商業中心の都市として設定するのは無理がある。商業都市は、国境紛争とは縁のない場所じゃないとおかしい。もしあの城塞都市が帝国将国双方と貿易関係にあるならば、中立都市として自前の強大な軍隊を持っていないとおかしい。そうではないわけだから、将国側の城塞都市なんだろ? なんでそんなところで商業が発展するんだ? 商人はそんな危ない場所に荷物は持ち込まないだろ。物流が少ないところが商業都市になるはずがない。

数万の軍勢がたった2日で移動できる距離というのは、首都からかなり近い。岐阜城から安土城の方が遠いくらいだ。そんなところが無防備すぎる。これはあり得ん設定だな。

突っ込みどころが多すぎて興が削がれた。あの主人公は賢いという設定なのに迂闊すぎる。

これではなぁ・・・。







コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

えみや

流浪の民というのは、ソグド人のような交易ネットワークを形成する商業民族なのかなと思いました。ただ、それだと定住にはこだわらないはずなのに、国民国家体制下のクルド人のようなイメージで捉えて分離独立運動をやらせてしまっているところが、そもそも噛み合わない原因なのではないかと。ユダヤ人もシオニズム運動を始めたのは近代以降ですし。

まあ原作未読なので、詳しい設定は分からないんですが。

by えみや (2017-07-15 14:17) 

ダグラム

えみやさんへ

国を追われて定住が悲願みたいな説明なのに、城内へ入った経緯やその目的などは商いを目的にしている感じでしたよね。凄く違和感があって、ガッカリでした。作画などはいいんですけどね。

あの城壁都市も、もっと小さな砦のようなデザインの方が良かったんじゃないかな。でも前線の砦の兵士が平和ボケっていうのも変だし・・・。

もう少し様子を見ますが、ちょっともったいないかなぁという気がしてます。将国サイドの軍隊も、思惑があるにしろ普通はまず使者を送って話を聞きますよね。

by ダグラム (2017-07-15 15:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。