So-net無料ブログ作成
検索選択

「有頂天家族2」第11話 感想(早雲、生きとったんか、ワレ) [アニメ/特撮]

いやぁ、面白い。これは本当に素晴らしい。アニメってだけで毛嫌いしていると、この作品を観ることが出来ないんだぜ。バカな奴らよ。

visual_2nd.jpg


会社で「アニメのどこが面白いの?」みたいに訊いてくる奴っているんだけど、そいつらの小さな頭脳の中ではアニメは可愛い女の子がなんかするだけの代物でしかないから、何を話しても無駄なんだよな。「お勧めは?」って訊いてきても絶対に観ないし。実写のしょうもないドラマと「有頂天家族」じゃ比較にならないのにな。

アニメ耐性ってもんがあって、耐性のない奴には何を言っても無駄。意味なく他人を見下しているんだけど、「有頂天家族」すら見てない奴に何を言われてもなぁ。本当に面白いドラマを知らないだけだもんな。

ということだよ。な?

矢二郎が四国で出会ったタヌキはやはり呉一郎だった。そして、呉一郎に化けていたのが早雲。この親子、本当に仲が悪いからな。本物の呉一郎は、親父の悪巧みに頭にきているというより、自分に化けて悪巧みしていることが本当に頭にきていると見た。2期はあちこちでバトルが起こっていて面白いったらない。

天満屋の悪巧みで早雲の悪巧みが早々に発覚してしまったわけだが、早雲と金閣はどうしようもない連中のようだが、銀閣は意外にバカで、妹想いなんだな。

展開が本当に面白いから退屈しないわね。

1期は売り上げが芳しくないと他人から聞いて、オレも観るのがかなり遅れたんだけど、観てみたらP.A作品の中でも1,2を争う傑作で驚いたんだよね。P.Aの作品を全部観たときに、ランキングをつけたんだけど、2位にしたのかな。青春や恋愛ものが得意というそれまでのイメージを覆して、もしかしたら文芸作品の映像化が向いている会社なのかもって思ったわ。

弱いのはオリジナルの企画だよね。これは「サクラクエスト」の感想でも散々書いてるけど、核になる表現者がいない状態でP.Aがオリジナルをやると、中身がスカスカになる。映像のレベルは高いのに、「何でこんな言いたいこともないような脚本を大金掛けてアニメにしてるんだろう?」って本当に不思議になるんだよね。

堀川社長が若手にオリジナルをやるチャンスを与えてくれていると思うんだけど、育ってないかなぁ。こんなことは言われたくないだろうけど、作家森見登美彦という核になる表現者がいる「有頂天家族」と「サクラクエスト」を見比べてみなさいよって感じかな。「サクラクエスト」じゃどんなコンテストに応募しても佳作も取れないよ。デビューさせてもお金にならないもん。


そういえば、先週背景美術について書いたんだけど、すごく不評で、「線じゃないと思う」と反論の嵐だった。会社での話ね。でも、うちの会社、オレも含めて美術の知識がない朴念仁ばかりだから、どこがどう他と違うのか誰も言い当てられないという。学生時代だったら美大の奴らに絵を見せて、話を聞いたんだが、この年になるともう縁遠くなっていて、連絡先も分からない。辛いなぁ。学生はいいよな。時間がたくさんあってさ。

で、どうなったかというと、「タッチですよ」で、そこから先に話が進まないというね。なんだろう。トレースして線に起こしたものを、水彩風に塗ってどうのこうのって。「おいそれ全部そうだろ?」って思ったけども。

まぁオレら走る鉄の塊を作ってる人間に美術のことなど詳しくわかるはずもないが、ああして背景美術のことを書いてみると、結構みんなこの作品の背景を「綺麗な絵だ」と思っていて、でもそれは口にしないんだよね。だからまぁ、的外れでも文章に書いて残せば、そこから会話が発展して、アニメファンの知見もさらに深まろうというものだから、良しとしてくれ。

黙ってても、何のきっかけも生まれないからね。

美術は「SHIROBAKO」と同じ人だよって話はかなり盛り上がった。

みんながアニメの美術についてもっと話題にすれば、竹田悠介氏の作品集も出るかもよ。

好きなら好きって口に出さないと。





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。