So-net無料ブログ作成

「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」第37話 感想(OPは同じ歌手で) [アニメ/特撮]

伊賀平定を終え、ようやく安息の日々かと思いきやここからがいろいろ面倒なことが起きるところ。

visual_main.jpg


勝手な振る舞いが目に付くようになった足利義昭が面倒の元凶で、こいつが織田信長に盾突くものだから裏切り&裏切りの日々がやってくる。信長が短気だというイメージは、おそらくこの頃のイライラが原因だと思われるが、文献を読んでるとそうでもないんだな。

キンカン頭がどつかれれたりするのはもっと後のことだが、足利義昭のウザさが原因で荒木村重などはかなり損をしていると思われる。裏切り者は許さないという徹底ぶり、特に根切りなどの処置は、禍根を残すと後々面倒だからと思い切って処断するわけだが、絶対に脳裏に足利義昭の顔が浮かんでいると確信する。この作品の義昭のウザさは、結構オレのイメージに近い。

ところが、一応将軍なので殺せない。別に将軍だろうが殺してしまって構わないし、現に前将軍の足利義輝は殺されているのだが、上杉、武田などの戦国末期の大物に信長討伐のきっかけを作りたくなかったこともあり、義昭は生き永らえさせてもらっていた。ところが生かしておいたばかりに何くれとなく邪魔をされてしまったという。

生かしても殺しても信長のためにならないという鬱陶しさだ。こいつを連れてきたキンカン頭の株が下がったのも仕方がない。キンカン頭、有能だったのになぁ。

さて、まさに元亀元年からが、いろいろ起こる。

姉川の戦いはこの年の6月28日だ。





コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。