So-net無料ブログ作成

「アトム ザ・ビギニング」第1話 感想(継続視聴) [アニメ/特撮]

これも面白いなぁ。まさにロボットアニメの原点「鉄腕アトム」のさらに原点。

AS20160519000126_comm.jpg


手塚治虫記念館で展覧会をやってる。原作はゆうきまさみ。デビューのころから知ってる数少ない漫画家のひとりだ。

お茶の水博士と天馬博士の共同研究でアトムが生み出されるまでのお話。劇中でまだマッドサイエンティスト化する前の天馬博士の様子が描かれていることに感動する。アトムが生み出されるまでの話なら、暴走するところも描かれるのだろうか?

この作品はおもにAIの研究に比重があるように見受けられたが、原案になっている「鉄腕アトム」の方はむしろ原子力の平和利用に重点が置かれている。駆動系統はもちろん、AIを安定的に動かすことも巨大な馬力も、大きなエネルギーなしにはあり得ない。最終的にアトムは飛ぶからな。そのエネルギーもすべて原子力エネルギーなのだ。核融合だったかどうかは忘れた。ガンダムとドラえもんは小型核融合炉だったはずだ。

この作品も面白くて、今期は素晴らしいね。

オレがこんなに楽しめてるってことは、萌豚は餓死寸前だな。




コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。