So-net無料ブログ作成
検索選択

「正解するカド KADO:The Right Answer」第1話 感想(継続視聴) [アニメ/特撮]

本日の昼のことだが、会社の花見に行った際に「先輩、もしかしてカド観てないでしょ? 先輩のためにあるような内容でしたよ」と言われ、急遽視聴することにした。

credit.jpg


羽田空港に直径約2キロの謎の立方体が突如現れ、政府の官僚が搭乗した飛行機を、254名の乗員もろとも飲み込んでしまった。

その立方体は外部からの刺激を一切遮断する特性を持っており、目視以外の観測が事実上不可能で、重いのか軽いのかさえ分からない。乗客乗員の安否は不明のまま。材質すら分からない状況ながら、映像確認によって旅客機乗員の生存に期待が持てると判断した政府は乗客の安全を最優先する旨を通達した。

物理学者の御船と品輪は、何物をも通さない性質の秘密を探るため、戦車の砲弾を使っての実験に踏み切った。結果は失敗。徹甲弾の運動エネルギーすら謎の立方体は吸収してしまった。ところがその際に立方体に変化が現れ、上部の一部が解放され階段が出現した。そこから登ってきたのは、飛行機とともに安否不明になっていた真道幸路朗と、ヤハクィザシュニナと名乗る謎の人物だった。


という第1話。ヤバイヤバイ。こんなのピックアップすらしてなかったわ。夏目は貸してくれるし、お前は本当に良い奴だ。

内容はかなり良い。まだ始まったばかりなので分からないが、おそらくはSF。ファーストコンタクトものかもしれない。日本が舞台なので小松左京のような雰囲気になってるが、海外作品を日本舞台でやってる雰囲気も併せ持っている。

「虚無回廊」や「首都消失」など小松作品を連想させるのは、政府の描写が丁寧で、それなりに正しく描かれているからだ。人によっては「シン・ゴジラ」を連想するかもしれないが、あれは小松左京へのオマージュだから一緒である。小松左京は、政府要人を無駄に貶めることをしない人だった。

立方体の正体がまったく分からず、そもそも質量があるのかないのかさえいまのところは不明。「虚無回廊」の円筒形(SS)は、長さ2光年、直径1.2光年で、質量がなかった。円筒形は回転しており、両端の部分は光速を超えているという設定だったな。

「正解するカド KADO:The Right Answer」に出てくる謎の立方体は、目視観測では構造物っぽい文様がある。マヤ文明とかそんな雰囲気。そして文様が動いている。

外からの刺激は一切遮断して内部は見えないが、見えてるってことは反射はしてるらしい。いや待て、それも夜になってみないとわからないのか。

などと考察が捗る作品であるが、一方でイケメンキャラが最後に登場したので、ここから急速に普通のアニメっぽくなることもあり得る。個人的には「けものフレンズ」の穴はこれで埋まった。


本作は、東映アニメーションのセルルックCG作品である。「楽園追放」を作り上げた東映アニメーションの優位性は、テレビシリーズになっても変わってなかった。ソフトウェア投資の重要性を思い知る感じだ。セルルックCGの、おそらく最先端。東映のCGを観ると、サンジゲンですらエフェクトでごまかしているとわかる。東映のセルルックは、本当に手描きみたいなのだ。

これを観た後に「ベルセルク」を観ると辛くなるが、いや待て、GEMBAも頑張ってるんだぞ。GEMBAには投資する金がないだけだ。

「楽園追放」のときに、ソフトを作りながら映像を完成させてるみたいな話があって、やっぱ大手はやることが違うなって思ってたんだよ。CGの完成度が高すぎる。しかもテレビシリーズで出来るとか。ついに東映が「プリキュア」以外で本気を出すのか。

そんなこんなで、大満足の第1話だった。

「正解するカド」ではなんのこっちゃわからんからなぁ。危うく見逃すところだったわ。




コメント(2) 

コメント 2

sou_mk26

通りすがりで失礼します。

感想記事を拝読させていただきました。
私も同じく引き込まれました。
よろしければAmazonプライムで配信中の第0話も御覧になると、登場人物の掘り下げがされているのでより楽しめるかと。是非に

余談ですが、ベルセルクのGEMBAは天下の遊技機販社フィールズの子会社なので、お金は沢山あったと思うんですよねぇ・・・。

突然の駄文失礼しました。
by sou_mk26 (2017-04-13 00:21) 

ダグラム

sou_mk26さんへ

GEMBAに足らなかったのはお金じゃなくノウハウだったのかもしれないですね。アニメでは新興制作会社ですが、難しい作品のアニメ化を頑張ってやっているので応援しております。

「正解するカド」の話があるとは知りませんでした。そちらも探して観られるものなら観てみます。

コメントありがとうございました。

by ダグラム (2017-04-13 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。